タカラレーベン不動産投資法人証券コード : 3492

ESG推進体制

サステナビリティ方針

「投資主価値の最大化」、「持続的な環境の創造」及び「地域と社会への貢献」を実践するため、環境(Environment)・社会(Society)・ガバナンス(Governance)(以下「ESG」と総称します。)に配慮した運用に関する基本方針を定めています。

1. 地球温暖化防止への取組み

省エネに寄与する運用改善や省エネ設備の導入等を通じてCO2の排出削減を進めることにより、地球温暖化防止に貢献します。

2. 環境負荷の低減

資源のリデュース・リユース・リサイクルの3R活動や節水等を通じて環境負荷の軽減された資源循環型社会の実現を目指します。

3. 法令遵守と社内体制整備

ESG関連の法令・規則を遵守するとともに、サステナビリティを推進するための社内体制を構築し、定期的に従業員の教育を実施します。

4. ステークホルダーとのコミュニケーション

テナント及びプロパティ・マネジメント会社等のサプライヤー等と協働し、CS(お客様満足度)向上に努めるとともに、地域市民との地域共生活動を通じて社外のステークホルダーとの信頼関係を構築し、地域社会の持続的な発展にも貢献します。

5. 積極的な情報開示

投資家をはじめとするステークホルダーに対し、ESGに関する取組みの情報を広く開示することに努める。

サステナビリティ推進委員会

サステナビリティ方針に基づく取組みを実践するため、本投資法人の資産運用会社であるタカラPAG不動産投資顧問株式会社は、委員長を代表取締役社長とし、常勤取締役、投資運用部長、財務企画部長、コンプライアンス・オフィサーで構成される「サステナビリティ推進委員会」を設置しています。サステナビリティ推進委員会は、半期に一度以上開催され、サステナビリティ推進を目的として、具体的な目標や施策の検討、進捗状況の把握を行っています。

GRESB

本投資法人の基本理念

タカラレーベン不動産投資法人は、2019年に実施された*GRESBリアルエステイト評価において、環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する「マネジメントと方針」及び「実行と計測」の両面にて高い評価を得たことを示す「Green Star」の評価を受けました。

*GRESBリアルエステイト評価について
2009年に創設されたGRESBは、実物資産(不動産・インフラストラクチャー)の環境・社会・ガバナンス(ESG)のパフォーマンスを評価し、正確かつ比較可能なデータを投資家等の資本市場に提供することを目的とするグローバル調査およびその運営組織の名称です。2019年9月現在、100社以上の有力な機関投資家がGRESBのデータを投資判断に活用する立場として加盟しており、その運用受託資産額は総額で約2,420兆円(約22兆米ドル[1ドル=110円換算])にも上ります。
不動産会社、ファンド、REITを評価対象とする2019年GRESBリアルエステイト評価には、世界で1,005の不動産会社とファンドが参加しています。

  1. ホーム
  2. サステナビリティへの取組み
  3. ESG推進体制

to Page Top