タカラレーベン不動産投資法人証券コード : 3492

スポンサーについて

本投資法人のスポンサーについて

タカラレーベン

タカラレーベングループは、1972年のタカラレーベン設立以来、総合不動産ディベロッパーとして、不動産の開発・販売・バリューアップ及び賃貸・管理等に関するノウハウを着実に蓄積しています。
また、タカラレーベンは、かかる実績・ノウハウ等を背景として、主としてJ-REITへの供給を念頭に置いた投資用不動産の開発を2016年より開始しています。

PAG

PAGグループは、東京、香港、上海、北京、深圳、シンガポール、シドニー、ロンドン及びソウル等アジア・オセアニア・ヨーロッパの各主要国・主要都市に拠点を有し、アジア最大級の独立系オルタナティブ投資運用会社(注1)です。PAGグループは、年金や政府基金をはじめとした幅広いグローバルな投資家を投資家層とするファンド運用会社であり、世界的な不動産投資の専門誌であるPERE(Private Equity Real Estate)の資金調達額におけるグローバルランキングにランクインする等、高い資金調達力を誇っているといえます。

  1. 「オルタナティブ投資運用会社」とは、上場株式や債券等のいわゆる伝統的資産とは異なる資産(不動産、証券化商品、コモディティ、デリバティブ等)への投資運用を行うファンドの運用会社のことをいいます。

共立メンテナンス

株式会社共立メンテナンス(以下、「共立メンテナンス」ということがあります。)は、1979年の設立以来、寮、ビジネスホテル及びリゾートホテルの管理運営を主な事業内容とする東証一部上場企業であり、顧客のニーズに合わせた独自のサービス展開により、満足度の高いサービスを提供しています。

ヤマダ電機

株式会社ヤマダ電機(以下、「ヤマダ電機」ということがあります。)は、全国にネットワークを持つ家電流通業界における国内最大手として、各種会員のビッグデータの分析と活用による新たなサービスを開拓し、持続的成長・発展のため、様々な挑戦を続けています。さらに、家電をコアに、生活インフラとしての「住宅まるごと」の新たな提案をスタートしており、家電と親和性の高い住宅、リフォーム、住宅設備機器及び住空間の家具雑貨関係の提案に加え、金融や不動産窓口等が一体となった新業態店舗「家電住まいる館」の開発・展開にも注力しています。

スポンサー・サポートによる成長戦略

本投資法人は、物件の開発・投資から管理・運営に至るまで、タカラレーベングループをはじめとするスポンサー各社が有するバリューチェーン及びノウハウを最大限に活用して、着実な資産規模の拡大(外部成長)と資産価値の維持向上(安定運用及び内部成長)を図ります。

スポンサー・サポート契約の概要

本投資法人の資産運用会社であるタカラPAG不動産投資顧問株式会社は、スポンサー各社と締結したスポンサー・サポート契約に基づき、本投資法人の外部成長、内部成長及び安定運用に関する幅広いサポートを享受します。

主なスポンサー・サポートの内容 タカラレーベン PAG 共立メンテナンス ヤマダ電機
外部成長 パイプラインサポート
ウェアハウジング      
売買・開発に関するマーケット情報の提供
内部成長 リーシング業務に関するサポート    
PM業務等に関するサポート    
バックアップ・オペレーターとしてのサポート      
不動産等の運用に関する助言・ノウハウ提供
賃貸マーケットに関する情報の提供
その他 人的支援の提供    
  1. 上表に記載のサポートには、スポンサー・サポート契約に明示的に規定されておらず、事実上サポートが期待されるに留まるものを含んでいます。
  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. スポンサーについて

to Page Top