タカラレーベン不動産投資法人証券コード : 3492

外部成長戦略

タカラレーベンの物件開発ノウハウを活用

本投資法人は、保有する物件のうち、時間の経過に伴う変化(経年劣化)や周辺環境の変化に対し、資本的支出によるバリューアップを実施することによって競争力の維持・向上が見込まれる物件については、本投資法人においてバリューアップを行うことを検討します。また、修繕規模が大きい等の理由により本投資法人の業績に大きな影響を与えることが見込まれる場合や、周辺環境の変化により最有効使用状態への建替えやコンバージョン(アセットタイプの変更をいいます。以下同じです。)が必要であり、本投資法人でバリューアップをすべきではないと判断される場合には、長年培った開発力を活用して、近年物件再生事業も行っているタカラレーベングループに一旦売却し、同グループによるバリューアップ又は物件再生後に本投資法人が再取得するアレンジを活用することも検討します。このように、バリューアップや物件再生の余地のある物件のことを、本投資法人は「ポテンシャルアセット」と称しています。

バリューアップ及び物件再生によるアセットの循環イメージ

バリューアップ及び物件再生によるアセットの循環イメージ
ポテンシャルアセットの概要
  • バリューアップの実施による競争力の維持・向上が見込まれる物件
  • 修繕規模が大きい等の理由により本投資法人の業績に大きな影響を与えることが見込まれる物件
  • 周辺環境の変化により最有効使用状態への建替えやコンバージョンを要する物件
  1. 上図はイメージであり、期待どおりに循環する(バリューアップを実行できる又はバリューアップ後の物件若しくは物件再生後の物件を取得できる)保証はありません。

スポンサー各社のネットワークを活用した幅広い物件情報の収集と取得ルート

本投資法人は、本資産運用会社独自のネットワークに加え、スポンサーが保有する物件及びスポンサーが運用するファンドにおいて保有する物件に限らず、スポンサーの不動産投資におけるネットワークを活用した第三者からの物件取得を通じて資産規模を拡大し、外部成長を図ります。

主な物件情報収集及び物件取得ルート

バリューアップ及び物件再生によるアセットの循環イメージ

優先交渉権付与による豊富なパイプライン

本投資法人は、タカラレーベングループが保有又は開発する以下の物件に対して、スポンサー・サポート契約に基づき、その取得について優先交渉権を有しています。

2018年7月27日現在

パイプライン物件数 21棟
  オフィス 3棟
住宅 8棟
ホテル 8棟
商業施設・その他 2棟
  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 外部成長戦略

to Page Top