タカラレーベン不動産投資法人証券コード : 3492

安定運用・内部成長戦略

本投資法人の安定した運用を支えるスポンサーの実績とサポート体制

本投資法人は、スポンサー・サポート契約に基づき、スポンサー各社から、各種不動産運用に関するノウハウの提供を受け、これらを活用すること等を通じて、安定的な運用を行います。

タカラレーベングループの総合力とPAGの不動産運用ノウハウの活用

タカラレーベングループ及びPAGは、様々なアセットタイプにおけるリーシング(賃貸)やバリューアップの実績を有しており、本投資法人は、それらの実績に裏付けられた両社のノウハウを活用することで、内部成長の実現を目指します。

タカラレーベングループの総合力とPAGの不動産運用ノウハウの活用
  1. 「CASBEE」とは、国土交通省の主導のもと、日本で開発・普及が進められている、建物の総合的な環境性能を評価し格付する手法(建築環境総合性能評価システム)です。評価結果は、「Sランク」、「Aランク」、「B+ランク」、「B-ランク」及び「Cランク」の5段階のランキングで与えられます。
  2. 取得資産以外の物件については、本投資法人が取得する具体的な予定はありません。また、今後これらの物件を取得することを示唆するものではありません。

共立メンテナンスの確かなオペレーション力の活用

本投資法人は、約40年に及び、日本全国で多数の寮・ホテルの運営を行っている共立メンテナンスが本投資法人の寮及びホテルをはじめとしたオペレーショナル・アセットの管理・運営を行うことで、安定的な運営を目指します。

ヤマダ電機が持つ全国のマーケット情報の活用

ヤマダ電機の持つ全国の店舗網を活用し、商業施設に関する各地の詳細なマーケット情報を取得することで、本投資法人が保有する商業施設について、物件所在地のマーケット環境に合った的確な運用を目指します。

  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 安定運用・内部成長戦略

to Page Top