タカラレーベン不動産投資法人証券コード : 3492

社会(Society)への取組み

社会に関する目標

テナント及びプロパティ・マネジメント会社等のサプライヤー等と協働し、CS(お客様満足度)向上に努めるとともに、地域市民との地域共生活動を通じて社外のステークホルダーとの信頼関係を構築し、地域社会の持続的な発展にも貢献いたします。

1. ワークライフバランスに配慮した職場環境の構築

2. テナント、地域コミュニティとの対話による価値向上

テナントに向けた取組み

テナントとの良好な関係を構築し、満足度を向上させるため以下の取組みを行っています。

取組み事例

  1. 各PM会社と共に、テナント満足度向上を目指した物件運営を行っています。サステナビリティガイドを制作し館内掲示を行う等、今後もテナントとの協働を推進してまいります。

地域コミュニティに向けた取組み

地域社会の一員として、保有物件において地域コミュニティとの連携や協働の取組みを行っています。

取組み事例

■ドーミーイン松山

宿泊客・観光客・地域の方々が無料で利用できる足湯を設置

従業員に向けた取組み

本資産運用会社において、「高い専門的能力を持った優秀な人材を確保」「人材の長期定着」「各人の能力が存分に発揮できる職場環境づくり」を構築するための取組みを行っています。

取組み事例

  1. 従業員満足度調査
    従業員と企業の間で相互に良好な関係を構築するため、毎年従業員満足度調査を実施しています。当該調査結果に基づき、より良い職場環境の構築を図っています。
  1. ホーム
  2. サステナビリティへの取組み
  3. 社会(Society)への取組み

to Page Top