タカラレーベン不動産投資法人証券コード : 3492

環境(Environment)への取組み

環境に関する目標

資産運用会社においては、環境(Environment)に関する目標を以下のとおり設定しています。

1. ポートフォリオにおけるエネルギー消費原単位につき、中長期的に年平均1%削減

2. ポートフォリオにおけるCO2排出量原単位につき、中長期的に年平均1%削減

環境配慮への取組み

本資産運用会社では、ポートフォリオの環境負荷低減と室内環境の向上のため、省エネ化改修やビルの運用改善、テナントやPM会社との協働等に取り組んでいます。

取組み事例

1.LED化工事

保有物件のうち19物件のLED化工事を実施しています。

(事例)

  • NTビル
    NTビル
  • 博多祗園ビル
    博多祗園ビル

外部機関からの評価

2020年3月末時点において第三者機関による以下の認証を受けています。

1.DBJ Green Building 認証

■NTビル(取得:2019年7月12日)

DBJ認証物件 DBJロゴ
評価ポイント
  • 共用部のLED照明の採用や、自動水栓の設置、雨水の再利用等により、省エネ・省資源に積極的に取り組んでいる点
  • 内部に柱を設置しない無柱空間を実現し、十分な天井高を確保している専有部分や、交通利便性に優れる等、オフィス利用者の利便性・快適性に配慮している点

2.建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)評価

■ドーミーイン盛岡(2019年8月8日)

■ドーミーイン松山(2019年8月9日)

■L.Biz神保町(2019年12月20日)

■博多祗園ビル(2019年12月23日)

  1. ホーム
  2. サステナビリティへの取組み
  3. 環境(Environment)への取組み

to Page Top